道具・ギア・カスタム

キャロウェイ「2022年モデルドライバー」のリーク画像がっ!?

最近のお気に入りゴルフYouTubeは「ゴル配ないさぁ〜」な、「いつでもゴルフ日和」です。

たいよー

ゴルフ界はコロナ以降盛況になっていますが、またひとつ嬉しいニュース!
PGA唯一の国内開催のZOZOchampionshipでマスターズ以来の優勝を松山選手が果たしました〜!
PGAツアーはもうすでに2021-2022シーズンに入っていますが国内女子ツアーの賞金女王やシード権争いも混戦で目が離せません。

キャロウェイ「2022年モデル」のリーク画像がっ!?

そんなゴルフブーム真っ只中の2021年ももう終わりに近づき、ギア好きとしてはキャロウェイやテーラーメイドのUS2大ブランドの新モデルも気になる所です。

そこで今回はキャロウェイの2022モデルのリーク画像がでてきましたので紹介します。

キャロウェイは毎年新モデルが出ますがシリーズとしては隔年で分けて発売されています。

2021は距離優先のEPICシリーズでしたが2022は寛容性をもたせたシリーズになりますのでEPIC SPEEDの後継ではなくMAVRIK系の後継にあたります。

2022モデルはどうやら『ROGUE ST』となるようです。MAVRIKの後継といっておきながらMAVRIKちゃうんかーいとなるところですが、MAVRIKの前はROGUEでしたのでROGUE復活という感じでしょうか。STは何でしょうね。スピードなんとかって感じなのかな…

2本柱やAIフェースなどのニューテクノロジーが搭載されるのは大体EPICシリーズの時になりますのでどうしてもそちらが注目されますが、MAVRIKは国内女子で今シーズン8勝している稲見萌寧選手も使用していますし、その前のROGUEも契約外で使用している選手も多くEPICシリーズに注目度ではおとるかもしれませんが評価は高いと思います。

初代EPICで2本柱が搭載されて初速が出る。飛距離が伸びるなどありましたがその反面、球があがりにくいとか難しいという声もあったんですよね。そこで寛容性をもたせているROGUEシリーズが評価されたのかなと勝手に思っています。

現在はクラブ全体的に優しくはなっていますが、シリーズとしての特徴は引き続き継続していると思うのでどのような感じなるのか楽しみですね。

画像の信憑性については定かではありませんが、見るとMAX LSとMAX Dとありますね。EPICSPEEDに引き続きJAILBREAK AI SPEED FRAMEも採用されています。後方とソールに色の違う部品がついているのでここはウェイトでしょうね。低重心・深重心になっていて流行りの高慣性モーメントになっているんでしょうね。

MAX Dはヒールよりにもウェイトがあるのでこれで捕まりを良くしているのでしょう。スライドウェイトはなくなってドローフェードの調整ができなくなる分テーラーメイドのようにDタイプがでる感じでしょうかね。

無印のROGUE STが見当たりませんが無印も含めて3機種の発売ということになるのかなと思います。

どういった形になるかはまだわかりませんが今から楽しみですね!

また詳細が分かり次第追記したいと思います。

こちらが正式なモデルなのかはわかりません。

似たような記事をチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA